勃起不全になる原因

若い世代もEDになる


病気や疲れのサイン

若いうちはまさか自分が勃起不全になるなんて思いもよらなかったことでしょう。

それこそ性的興奮がなくても勝手に勃起をしたりして収まってくれって思うぐらいだったものが、年齢を重ねれば重ねるほど、性的興奮や欲求がなくなってきて、勃起不全になってしまったという人もいるでしょう。

俺ももう歳かなってノスタルジックに陥る人やえ?まさか自分が勃起不全になるなんて!って焦ってしまっている人もいるかもしれませんが、勃起不全を安易に年齢のせいと決め付けてしまうのは危険です。

実は勃起不全というのは病気のサインかもしれないのです。

確かに年齢を重ねれば重ねるほど、性的欲求や興奮というのは沸かなくなってしまうものです。

男性の場合は30歳を超えてから徐々に性欲が収まってきたり、欲求がなくなってしまうものです。こればかりは仕方の無いことですが、実は勃起不全に陥る原因としては2位なんです。

では何が原因で陥るのかというとまず最初に糖尿病の疑いがもたれます。

というのも糖尿病患者のおよそ8割が自身でEDというのを自覚しているからです。

無自覚の人を含めるとさらに多いのではないでしょうか?そもそも勃起するというのは脳から勃起しろ!という指令が来てそこから一気に陰茎海綿体に血流が集まります。

しかし、糖尿病だったり、脂質異常症などの人は血液の流れがドロドロでうまく陰茎海綿体に集まってこないのでうまく勃起が出来ないのです。

年齢のせいだけではなくてここ最近太ってきたなぁ~とか暴飲暴食をしているなぁ~とか言う人は生活習慣病の疑いがあります。

生活習慣病というのは現代病であり、多くの人が生活習慣病の疑いが持たれています。

年を重ねるとどんどん代謝が悪くなるため太りやすくなったり生活習慣病にかかりやすくなってしまうので病院にいって確認してみましょう。

また今は年齢が上の人ではなくて勃起不全になる人が増えてきています。

30代でも勃起不全になる人もいれば今では20代でも勃起不全になってしまうという人もいます。

その理由としては仕事の疲れやストレスや不安などから性欲すら沸かない状況に追い込まれているという人です。

朝から晩まで働いて家には寝に帰るぐらいの状況なのにも関わらず、貰える給料は少なく、将来への見通しもない状況に肉体的にも精神的にもまいってしまっている人が勃起不全になってしまっています。

日本ではうつ病患者の人数がどんどん増えてきていますが、うつ病患者の多くが性欲が沸かず勃起不全に陥っています。

ここ最近仕事に疲れていて余裕が無い人などは十分に気をつけるようにしてください。

本来であれば性欲が強い20代とかは性的興奮が沸くシチュエーションでなくても場合によって勃起をしてしまうほどです。

そんな年齢にも関わらず性欲が沸かないとか、勃起不全ということはよっぽど心身ともに疲れていると思ってリラックスするようにしましょう。

病気以外の理由としては付き合っていた女性に対してHが下手ね!みたいな心無い一言を言われてしまったことによりHに対して苦手意識が芽生えてしまって性行為から遠ざかってしまい、そのまま勃起不全になってしまったということや幼少期による性虐待によるトラウマなどが原因で勃起不全になってしまったという人もいます。

他には事故などによる下半身周りの手術によって神経が傷ついてしまって勃起不全になった人もいます。

ただの年齢のせいだけにするのではなくて勃起不全というのは様々な要因で起こるということは頭に入れておく必要があり、今現在勃起不全だと言う人は何が原因かを特定しましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る