シアリス

長時間効果が持続する


>>シアリスを購入する<<

1錠で週末を乗り切れる

バイアグラ・レビトラの次に発売されたのがシアリスです。

シアリスは3番目に認可されたED治療薬ということもあり、第3世代のED治療薬と言われています。

このシアリスはアメリカのイーライリリー社から2003年に発売されたのですが、日本では4年後の2007年ごろから発売されて、まさに4年もの月日が経ったのです。

世界中で発売されて利用されている中で日本ではかなり遅れて認可されたのは、予想ですが、バイアグラとレビトラという2種類も販売されているからそこまで急がなくていいかと思ったのではないかと思います。

シアリスをいち早く知っている人は日本での販売を心待ちにしていたことでしょう。

というのもシアリスはバイアグラやレビトラとは違い明確な違いがあったのです。

それは1錠で最大36時間以上もの長さを誇る圧倒的な持続作用時間の長さが特徴です。

バイアグラは5時間。

レビトラは10時間。

他のED治療薬を寄せ付けない圧倒的な作用時間の長さです。1錠で1日半もの効果が持つと言うことは週末の金曜日の夕方に服用すれば日曜日の朝まで持つということで1錠で週末を乗り切れるため『ウィークエンドピル』と呼ばれています。

長く一緒に過ごしているカップルや夫婦の場合大体週末に性行為をする事が多いです。

その週末を1錠で乗り切れるということや1錠飲んでしまえば後は何の心配もなく過ごすことが出来ると言うことで非常に人気があり、2012年にED治療薬において世界シェア率No.1を達成したこともあるほど人気があるのです。

なぜここまで長く持続するのかというとシアリスの主成分であるタダラフィルは遅行性の薬で胃の中に入ってからもゆっくりと溶け始めます。

そのためゆっくりと成分が行き渡るのでその分長く持続するのです。

シアリスの規格はレビトラと同様に【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つで販売されており、主成分タダラフィルの含有量の違いによって分けられています。

シアリスを服用する際に気をつけて欲しいのが薬を服用してから効果を実感するまでに非常に時間がかかるという点です。

また服用してから効果が現れるのに個人差があり、早い人で1時間から効果を発揮し、遅い人で4時間経ってようやく効果が見え始めたという人もいます。

平均すると大体3時間ほどです。

レビトラと同じように即効性があると思って服用すると全く効果がないと思ってしまう人が多いですが、シアリスは遅く効いてくるということを覚えておきましょう。

さらにシアリスはこれまでのバイアグラやレビトラとは違い食事の影響をある程度抑えることが出来ると言われています。

もちろん胃の中が空っぽの状態のほうが薬の効果が早く、かつより効果を実感することが出来ますが、大体800kcal以内でかつ脂質が30%未満であれば食事をしても問題ないと言われています。

デート中にどうしても食事を摂ってしまうという人でもシアリスの場合は薬の効果を得られるのです。

とはいえ、そもそもシアリスは服用して薬の効果がしっかりと体内を巡れば後は自由に性的欲求が沸いたときにスムーズに性行為へといたることが出来ます。

そのため出かける前に1錠飲んでから2時間以上(念のために3時間)空けてしまえば食事もしても問題ありませんし、その後は36時間もの間効果が発揮します。

家を出かける前に1錠服用してしまえば後は普通のデートをすることも可能です。

圧倒的な持続作用時間が特徴のシアリスは副作用も少ないと言われているので、これまでバイアグラやレビトラを服用したら副作用が強く出て困っているという人は一度シアリスを試してみるのもいいでしょう。

そんなシアリスは1錠あたりの値段はちょっと高めで1,800円~2000円ほどです。

金銭的負担が大きいから試してみたくても試せないという人は医薬品個人輸入代行サイトを利用してジェネリック医薬品を試してみましょう。

医薬品個人輸入代行サイトでまとめて購入すれば、割引が適用されるので、先発医薬品のシアリスと同等の効果が得られるのにも関わらず値段は最大10分の1程度まで抑えることが出来るので非常にお得です。

医薬品個人輸入代行サイトについて詳しく知りたい方は『医薬品個人輸入代行サイトとは』をご覧になってください。

日本ではまだシアリスのジェネリック医薬品が販売されるのは当分先ですが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば今すぐ手に入れることが出来ます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る