ED治療薬の正しい服用方法

1日1回1錠を守る


過剰摂取だけは絶対に駄目

ED治療薬というのは被験者のおよそ8割の方に効果が実感されたということで非常に多くの人に効果を得ることが出来る医薬品です。

しかし、そのED治療薬もあくまでも「正しい服用方法」をした上での実感です。

誤った服用方法をしてしまうと高い効果は得られないだけではなくて、時には命の危険にまでいたることもありますので正しい服用方法を知りましょう。

なぜED治療薬は世界中で発売されて多くの人に認知されているのにも関わらず、ドラッグストアなどでは販売されておらず基本は病院でしか処方されていないのかというと副作用があるからです。

必ず守って欲しいのが大量に服用してはいけないということです。

1日1回1錠で、一度服用したら24時間以上空ける必要があります。

ED治療薬には主に低容量・中容量・高容量の3種類が販売されています。

今日本の病院で処方されているを例にしてみると【5mg錠・10mg錠・20mg錠】です。このときに10mg錠を服用しても効果が得られなかった場合、10mg錠をもう1錠服用するのは問題ありません。

しかし、20m錠を連続して服用するのは絶対にしてはいけません。

高容量分までしか服用しないようにしてください。

というのはED治療薬というのは血管を拡張させて血流を良くする働きがあります。1度に何錠も服用してしまった場合は血管が拡張されすぎてしまって血圧が一気に低下してしまい、めまいや貧血、最悪の場合心臓に重大なダメージを与えてしまう可能性があるのです。

そのため“薬”だからと甘く見ないで基本的に病院でしか処方されないのは理由があると思いましょう。

またシアリスやステンドラなどではある程度の食事(牛丼一杯程度)をしても問題ないとされていますが、空腹時(食後2時間以上:中華料理などの脂質が多い料理は5時間以上空けた状態)で服用したほうがより早く強く効果を実感することが出来ます。

特にバイアグラやレビトラは食事の影響を受けやすいので注意しましょう。

レビトラもメーカー側としては700kcal未満で脂質が30%以内であれば食事を摂っても大丈夫と言われていますが、レビトラの最大の特徴である即効性は消えてしまうという意見が多いです。

基本的には空腹時で服用するようにしましょう。

空腹時の状態で2時間以上経過して十分に薬の成分が行き渡った後であれば普通に食事を摂っても問題ないのでどうしてもデート中などでは食事を摂ってしまうということであれば、出かける前に長時間作用が持続するシアリスなどがオススメです。

ED治療薬はその人によって合う合わないもあれば、特徴が違ったりもするので色々な薬をまずは試してみることをオススメします。

服用してからの効果が現れる時間帯はそれぞれ違うので当サイトで確認しましょう。

服用する際の飲み物としては基本的にお茶・水・スポーツドリンク・炭酸でも問題ありません。ビールなどのアルコール類も大丈夫です。

ただし、アルコールで服用した場合、血流にのってアルコールも運ばれてしまうのでいつもよりも酔いやすくなってしまうので注意してください。

泥酔してしまって気持ち悪くなったり、眠くなったりしてもはや性行為どころではなくなってしまったなんていうことになりかねませんのでアルコールが弱い人は気をつけましょう。

一緒に飲むときに注意して欲しいのが牛乳などの脂肪分が多い飲み物とグレープフルーツジュースをはじめとして柑橘類系の飲みものです。

牛乳や豆乳などと一緒に服用してしまうと胃に膜が張られてしまい、成分の吸収を妨げられてしまうので一緒に飲まないようにして下さい。

逆にグレープフルーツジュースをはじめとして柑橘類系の飲みものの場合薬の効果が強く出てしまいます。

強く現れるのであればいいんじゃないか?って思うかもしれませんが、副作用も強く出てしまいます。

そうなると副作用が強く出てしまって性行為が楽しめなくなったり、性行為どころではなくなってしまう可能性があるので一緒に服用しないようにしましょう。

大体ED治療薬を服用するのが分かっているのであればその24時間前から牛乳やグレープフルーツジュースをはじめとして柑橘類系の飲み物や果物はさけるようにしたほうがいいです。

詳しくはED治療薬の副作用をご覧になってください。

ED治療薬は非常に優れた医薬品ですが、使い方を誤ってしまうと効果が出ないばかりか時には副作用で危険なことにもなりかねないので、正しい服用方法をマスターしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る