ジェネリック医薬品について

先発医薬品と同じ効果を得られる


安く購入できる

日本の病院でも主にジェネリック医薬品を出されることが増えてきました。

CMなどでも頻繁に流れてきていますし、実際の現場がもうジェネリック医薬品で処方されることが多かったので多くの人に理解されていることと思います。

しかし、ジェネリック医薬品は効果がない!みたいな言い方をしている人もいますし、実際にジェネリック医薬品について詳しく知らないという人もいると思います。

実際のところどうなの?って思う人もいると思いますのでジェネリック医薬品について紹介していきます。

そもそもジェネリック医薬品というのは(後発医薬品)という意味で世界で統一されているので海外でジェネリック医薬品を下さいといえば伝わります。

先に発売された新薬(先発医薬品)と同等の成分が入っているのですが、そもそも医療の世界では新薬を開発して認められた場合特許として大体20年近く独占的に販売することが認められています。

そしてジェネリック医薬品は特許が切れて他の製薬会社でも販売することが出来る医薬品のことを言います。

よくジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品と勘違いをしている人がいますが、それは誤りです。

しかし、特許が切れた医薬品のことを言うので全然意味が違ってきます。

ではなぜ他もジェネリック医薬品として薬を作るのかというと製造コストがかなり安いためです。

新薬を作ろうと思ったら開発期間に10年以上かかることも珍しくなく、また製造コストも100億円近くなります。

それに比べてジェネリック医薬品に関しては製造期間は3年~5年。開発コストに関しては10分の1程度で作られるといわれています。

開発コストを抑えることが出来れば安く販売をする事が出来て、ジェネリック医薬品の認知度が高くなればなるほど新薬と同等の効果が得られて安く仕入れることができるジェネリック医薬品を購入する人は増えます。

開発コストを抑えることが出来るというのはとても製薬会社としてもありがたいわけです。

ただし、気になるのが開発期間がジェネリック医薬品といえども3年以上かかるケースがほとんどだということです。

日本ではジェネリック医薬品においても非常に厳しい審査基準が設けられていて簡単に製造・販売を認めることはありません。

先発医薬品と同等の効果を得られる為に、製造環境や薬がしっかりと効果を得られるのかどうかなど細かくチェックを受けるのです。

ジェネリック医薬品が効果が無いという人はただの思い込みだったり、たまたま薬との相性が悪かっただけかもしれませんので思い込みに注意しましょう。

そんなジェネリック医薬品はED治療薬でも販売されています。

日本の製薬会社が販売できるのは未だにバイアグラのジェネリック医薬品のみですが、ジェネリック大国であるインドではレビトラ・シアリスそして最新のED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品まで販売されています。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば最新の医薬品であるステンドラのジェネリック医薬品まで購入できるので是非とも利用しましょう。

詳しくは医薬品個人輸入代行サイトとはをご覧下さい。

安く購入できるとあり、ED治療薬を試してみたいけれど高いと思う人はぜひ利用してみましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る