レビトラ

即効性が魅力


>>レビトラを購入する<<

常に1錠携帯しておきたいED治療薬

レビトラはバイアグラの次に発売されたことで第二世代のED治療薬と呼ばれました。

しかも発売元は世界的に有名な薬アスピリンを開発した有名なバイエル社から発売されるということもあり、バイアグラと同様に発売前からかなり期待されたED治療薬と言えます。

レビトラとバイアグラは非常によく似た化学構造式をしており、どちらも作用機序は基本的に同じです。

明確な違いであり、レビトラの最大の特徴と言えるのが即効性です。

レビトラの主成分であるバルデナフィルは水溶性であり、非常に溶けやすい性質をしています。

そのため胃の中に入ってから成分が溶け出すのが早いため最短で15分という即効性を持っています。

バイアグラと同じように食事の影響を受けやすく食後2時間以上、中華料理などの脂質の多いものだと5時間以上空けた状態でないと薬の効果を実感するのは難しいですが、空腹時の状態で服用すれば最短15分で効果を現れるので服用する際に逆算しなくて良いというのがあります。

色々と考えてこの時間帯に性行為をするからとか考えなくて、性的興奮やシチュエーションになった時に1錠服用さえすれば、間に合うわけです。

シャワーを浴びてもらっている時に服用すれば十分効果を実感することが出来ます。

思い立ったときに服用すれば良いということもあってかなり使い勝手のいいED治療薬と言えるでしょう。

さらにレビトラは服用してからすぐに効果を発揮する即効性に注目が集まりますが、実は薬の効果時間もバイアグラの倍の最大10時間もの間効果が持続します。

つまり昼食を終えた3時間後ぐらいに服用すればその日一日は薬の効果が持続するわけですから、服用してしまえば何も気にせずにその日を過ごすことが出来ます。

薬の作用時間が大幅に伸びたのもレビトラが注目を浴びた理由の1つです。

レビトラもバイアグラと同様に3つの規格で販売されていますが、レビトラの場合は【5mg錠・10mg錠・20mg錠】とバイアグラと表記が違うので気をつけましょう。

基本的に病院でもこの3つが処方されますが、【5mg錠】は主成分であるバルデナフィルの含有量が少ないためまず処方されません。

日本人の体型では10mg錠で十分効果を発揮すると言われていますので病院では10mg錠をまずは処方されます。

それでも効果がなければ20mg錠を服用して効果があるかどうかを試すケースがあります。

当然高容量配合の20mg錠を服用したら副作用が強く出てしまうこともあるので注意が必要です。

即効性があり、咄嗟の時にでも使いやすいレビトラですが、未だに病院ではジェネリック医薬品は処方されていません。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば、日本ではまだ発売されていないレビトラのジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

詳しくは『医薬品個人輸入代行サイトとは』をご覧下さい。

医薬品品個人輸入代行サイトを利用すれば簡単にレビトラジェネリックを購入することが出来ます。

ただ、今現在はレビトラのジェネリック医薬品を販売をしているインドでは製造はされておらず、今現在販売されているものに購入可能で、今後製造される見通しも立っていません。

今後レビトラジェネリック医薬品はなくなる可能性が非常に高いので興味がある人はなるべく早めに購入することをオススメします。

まずは1錠試してみて効果を実感したらまとめて購入することで先発医薬品であるレビトラの10分1程度で購入することが可能です。

さらにジェネリック医薬品は高容量配合の20mg錠が基本です。

そのため10mg錠で十分効果が出る人はピルカッターなどで半分に割って服用すればより購入料金を抑えることが出来ると言えます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る