ED治療薬による妊活への影響

影響はない


血流を良くする薬

ED治療薬によって勃起不全が解消されてスムーズな性行為が出来て男性だけではなくてパートナーとなる女性も救われるということもあって、非常にありがたいです。

そんな勃起不全を解消する際に1つ不安に思う点としてED治療薬って妊活中にも利用できるのか?という問題です。

ED治療薬を服用してことによって女性が妊娠しづらくなったり、胎児に影響を与えたりするのではないか?染色体異常とかになったらどうしようと思うかもしれません。

まず結論から言って何の問題もありませんし、これまでにED治療薬によって胎児や精子に悪影響を与えたという例は1件も挙がっていません。

そもそも論ですが、ED治療薬を服用したことによって精子や胎児に悪影響を与えるようなものはさすがに性行為のための治療薬として認められないでしょう。

ED治療薬と性行為が直接結びつけるのに、重篤な悪影響が出てしまったら大問題になりますよね。

またED治療薬というのは血管を拡張させて血流を良くして陰茎海綿体にスムーズに血液を集めます。

そして勃起を抑えようとする成分が脳から出るのですが、それを阻害する役割があるので長く勃起が出来るようにサポートしてくれるのです。

つまり精子に悪影響を与えたり、子宮に悪影響を与える成分というのが含まれていません。

だからこそ安心して利用できるのです。

それこそ中々子供に恵まれなくて妊活をしているという夫婦も増えていますが、その妊活専門の病院でもED治療薬というのは念のために1錠処方されます。

というのも妊活中というのは勃起不全に陥りやすいからです。

その理由は主にプレッシャーです。

これまでだったら性的欲求が沸いたり、イチャイチャしてそのままの流れで性行為を行っていたのがほとんどだと思いますが、妊活の第一歩としてタイミング法というのがあります。

受精する日というのは決まっています。その受精する日というのは月に3日ほどしかなくて、その日の2日前ぐらいから性行為をして妊娠をするというやり方です。

月に3日ほどしかないわけですから当然どんなに疲れていようとも性的欲求が沸かなくても性行為をしなくてはいけないわけです。

ただでさえ妊活をしているときというのは親や友人などから子供の話などが出てくるわけですから相当なプレッシャーを感じるわけです。

そうなってくると必ず性行為をしなければいけないということは男性からしてみればどこか作業的な感じになってしまうので勃起不全になってしまうものです。

男性よりも女性のほうが子供を産みたいという気持ちは強い分。

性行為ぐらいしっかりしてよ!って喧嘩の火種になってしまいがちです。

もっと頑張らなきゃ!しっかりしなきゃって思えば思うほど、性的欲求で動いているわけではないので勃起不全になってしまいがちです。

そこで役に立つのがED治療薬です。ED治療薬なら勃起しやすく維持しやすいのでスムーズに性行為が出来るというメリットがあります。

だからこそ不妊治療を始めるとなった時にこれまで勃起不全とかにならなかった人にも念のためにED治療薬を1錠渡すかどうかを相談する先生もいます。

男性は妊活をする上で性行為は必ず出来る状態にしておくことが自分の中での備えでもありますので心配しないで利用するようにしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る