ED治療薬の副作用

個人差がある


その日の体調や健康状態にもよる

ED治療薬を服用すれば勃起不全だった人の多くが解消されるとあって多くの人がまずは試す医薬品です。

実に被験者データでも多くの人が効果を実感できましたし、実際に利用した人も効果を発揮することが出来たという人もいます。

まさに世界中で利用されている医薬品ですが、1つだけ問題があるとしたらそれはED治療薬を服用した際に現れる副作用です。

ED治療薬が病院でしか処方されないわけは副作用が強いからです。

ED治療薬は血管を拡張して血流をよくするので、過剰に服用してしまった場合血管が拡張されすぎてしまって、血圧が一気に下がってしまいます。

血圧が一気に下がることによって心臓に負担がかかったりしてしまい命の危険になるので薬だからといって大量に服用することだけはやめましょう。

そして大量摂取だけではなくて、ED治療薬を服用した際に起こる副作用としてはこちら

などが挙げられます。

目の充血や顔の紅潮などはおよそ8割近くの人がなると言われているのでむしろ薬が効いてきた合図だと思っていいです。

他に頻繁に起こる副作用として頭痛があります。それこそ二日酔いになりやすいとかお酒を飲むと頭痛がするという人はED治療薬を服用したらほとんどの人が頭痛が起こると言われています。

頭痛が酷くて性行為に集中出来ないと言うのであればロキソニンをはじめとした鎮痛剤を服用するようにしましょう。

一緒に併用して服用しても問題ないですし、ロキソニンは服用してから15分ほどで効果が現れるのでED治療薬と同時に服用すれば頭痛に悩まされる必要もなくなります。

とはいえ全ての人が服用したら必ず副作用が出るというものでもなかったり、上で述べた副作用が全て出るというものではありません。

人によって出る出ない副作用もあれば、その日の体調などによっても変わってくると思います。一概にこれは必ず出るというものではないですが、頭痛は比較的出ますし、頭が痛い状態で身体を動かすのはきついと思います。

頭痛が気になってしまい、思う存分身体を動かすことが出来ないとか、途中で痛みに負けてしまって続ける気がなくなってしまうとなったら嫌ですよね。

そんな時に自分がED治療薬を服用したら比較的起こりうるものに対して他の医薬品で対応をする事でスムーズな性行為が出来るようになります。

また副作用が薬の作用時間以上に続くようであれば、必ずED治療専門の病院に行って相談するようにしましょう。

ED治療薬の正しい服用方法と対処法を知ることで長く上手に付き合っていくことが可能になります。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る