バイアグラ

誰もが待ち望んだ薬


>>バイアグラを購入する<<

我先に買い求めた人が居る

日本の老若男女誰もが知っているED治療薬といえばバイアグラです。

男性ならばまだしも女性も名前が知れ渡っているということはそれだけインパクトがある薬ともいえますよね。

やはり将来のことを考えるED治療薬というのは若いうちから気になるものです。そしてそれは日本だけの話ではなくて世界中で多くの人に知れ渡っている医薬品と言えるでしょう。

まさに世界で最も有名な薬の1つとも言えるのではないでしょうか?

バイアグラの誕生は1998年のことでアメリカのファイザー社から誕生しました。

元々バイアグラというのは狭心症に対しての薬として開発が進んでいましたが、開発が中々進まずに遂に上層部が開発中止を決定しました。

そこで被験者の方たちに薬を返すように言ったのですが、このときに被験者の多くが薬を返すことを渋ったのです。

詳しく話を聞くと勃起不全に対して効果があると言うことが分かったので、本格的にED治療薬として販売がスタートして生まれたのです。

偶然誕生したのです。

もし被験者が素直に返していたらED治療薬が誕生したのはもうちょっと先立ったかもしれませんね。

偶然誕生した薬かもしれませんが、バイアグラは被験者のおよそ8割に効果があると実験でも言われており、実際にバイアグラを購入した人の多くが効果を実感したまさに夢のような薬だったのです。

バイアグラは『医薬品として認められた勃起不全治療薬』ということで発売前から注目を浴びていました。

日本で発売されたのはアメリカから誕生した1年後という異例のスピードで発売がされました。

日本では薬の認可がおりるのがかなり遅いものでしたが、バイアグラの場合は発売からかなり注目を浴びていたこともあり、アメリカで発売されてから瞬く間に広まって言ったのです。

それこそバイアグラ目当てに渡米をしたり、個人輸入で取り寄せたりする人が続出しました。

しかし、当時バイアグラに対する正しい知識を持っている人が少なかった為に、多くの人が間違った使用方法をしたり、過剰に服用してしまったりして、時には命の危険にまで至った人もいます。

未だにバイアグラをはじめとしたED治療薬がドラッグストアなどで購入できないのは副作用が強いからです。

当サイトで紹介しているED治療薬の正しい服用方法を確認してから服用するようにしてください。

バイアグラの規格は【25mg錠・50mg錠・100錠】の3つで違いは主成分シルデナフィルの含有量の違いによって分けられています。

世界の規格では3つですが、日本では【25mg錠・50mg錠】の2つまでしか販売されていません。

その理由としては当時、バイアグラは異例のスピードで厚労省から認可されました。

それは個人輸入で取り寄せた時に偽物を掴まされてしまったり、過剰服用したりとトラブルが続出したからと言われてそれを防ぐためとも言われています。

きちんと病院で処方されるようにするために異例のスピードで認可されたのですが、【100mg錠】を認可してしまうと薬の成分が強いので問題になりやすいです。

もともと日本人の体型であれば【50mg錠】でも十分効果を発揮するということで、【100mg錠】は2018年現在でも認可されていません。

バイアグラは日本の病院でもジェネリック医薬品が販売されていますが、日本で作られているジェネリック医薬品に関しても未だに100mg錠は販売されていないのです。

バイアグラは胃の中が空っぽの状態で服用しないと効果が現れづらく、食事の影響は受けやすいです。

また服用してから大体40分経ってから効果が発揮すると言われているので大体性行為の1時間前に服用するようにしましょう。

薬の効果は最大5時間ですのでその間に性行為を済ませるように計算をしましょう。

日本の病院ではジェネリック医薬品も発売されており、やはりED治療薬といえばバイアグラということもあって発売から20年以上経った今でも多くの人が服用している薬です。

ジェネリック医薬品も病院で処方されているのでまずはお試しに1錠試してみたいという人にオススメできます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る