目先の欲を抑えて

夜の世界で生きる

今の時代男女平等がそこかしこで叫ばれていたり女性に対してレディーファーストが当たり前となっていて男性からしてみれば女性はいいなぁ~って思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

むしろレディーファーストで男性から優しくされたことで対等になるのです。というのは男女平等と叫ばれていても実際に給料などは女性の方が平均年収でいったらかなりの開きがあります。実際に管理職と呼ばれるような上の立場の人間になるのは決まって男性が多いですし、女性が上にあがったらキツい女性だとか嫌味を言われることになります。

というのも女性は妊娠をしたらその会社を長期離脱、もしくは退職を余儀なくされてしまうためどうしても重要なポジションにはつけないということになってしまいます。

もちろん独立して仕事をしているのであれば当然ながら自己管理で仕事をこなすことが出来るかもしれませんが独立するだけでも大変ですからちゃんとお金を稼ぐということは女性よりも男性方が何倍も可能性はあるのです。

では女性が大金を稼ごうと思った場合はどうすればいいのでしょうか?それは夜の世界で馳せるしかないのかもしれません。キャバクラ嬢などが一時ブームとなって専門雑誌が出来たりしたのはやはり自分を綺麗に着飾れるのもそうかもしれませんが実際はお金が稼げるということが女性からしてみればポイントだったのでしょう。

安月給で偉そうにしている上司のお付き合いをするよりかは何倍も理にかなっていると思ってしまうことでしょう。

ですからみんな夜の世界に行こうとする女性が多いのです。とはいえ将来的には女性も当たり前のように上に上がるようになってくるでしょう。

それは間違いありません。まずはちゃんと制度が整っているところに行って仕事を頑張ってみれば夜の世界で安易に稼ぐよりも将来設計をすることがとても重要だと言えるでしょう。

ページのトップへ戻る